整体と接骨院の違い

整体院接骨院って何が違うの・・・? 私はどちらにかかればよいのかしら・・・?そんな疑問を持ったことのある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。整形外科、接骨院、整体院、カイロプラクティック、マッサージ治療院、鍼灸院・・・。実際の治療や施術については混同していてわかりにくい部分もありますが、どれもそれぞれに棲み分けがあります。ここでは整体の接骨院の違いについて説明致します。

接骨院(柔道整復師)とは
まず接骨院業務を行うには柔道整復師という国家資格が必要になります。柔道整復師の業務とは、「骨折脱臼捻挫打撲等に対してその回復を図る施術を業として行うもの」とあり、昔で言うところの「ほねつぎ」になります。国の認可を受けた専門学校に通い、柔整理論・実技、解剖学、生理学、運動学、病理学、リハビリ学、整形外科学、外科学、衛生学、関係法規、柔道と学び、国家試験を合格してはじめて柔道整復師となります。現在、接骨院にもいろいろな治療方法がありますが、接骨院での業務は、基本的に急性疾患の保険診療となります。肩こりなどの慢性的なものは、保険適応外になります。骨折脱臼の整復に着手してよいのは医師と柔道整復師だけです。ちなみに接骨院ではレントゲン撮影など画像撮影はできません

整体院(整体師)とは
対して、整体とは骨格矯正など筋肉や骨格のバランスを正し、自己治癒能力を引き出すための手法。おもに慢性的なものへのアプローチとなります。整体カイロプラクティックには開業するために特に必要な免許はありません。我が国ではきちんとした法整備はされておらず、代替医療とか医業類似行為といい、国家資格は存在しません。それゆえに保険は使えず、施術費用は自己負担という事になります。欧米諸国には国家資格化され、医療行為として認められているとこもありますが・・・。流行りの骨盤矯正の効果についても、「全ての病気の根源は骨盤にあり!」とか、「骨盤矯正で何もせずとも劇的に痩せる!」など、解剖、生理を無視しあまりにも誇張されている表現もあります。実際には歪みを診る力矯正の精度にはかなり個人差があるでしょう。民間の学校や講習会、勉強会等の施術者達による教育機関がありますが、いずれも行政が認定したものではありません。故に施術者同士の知識・技量の差がとても大きくなります。 まともな知識や技術もなく、臨床経験も少ない未熟な施術者がろくにテストもせず、骨格も触診せず、力任せに勢いでグッと引っ張ってみたり、危ない道具を使ってみたり・・・。危険性のある施術を目にすることがあります。そういったイメージが広がり、整体業界全体が非常に誤解されやすい立場といえます。ですが、治療部位数や通院日数、診察時間など保険診療の枠に制限されず、柔軟な視点を持ち、日々の鍛錬を惜しまない研究熱心なベテランや、卓越した素晴らしい感覚、技術を持つ方など誇れる施術者も沢山いらっしゃいます。整体には国家資格という認定がないだけで、持っている知識、技術は国家有資格者に負けない施術者は沢山いらっしゃいます。一括りにまとめるのは無理があります。身体を正しく読み解き、正しく整体できさえすれば、本来とても効果的なものなのです。

それぞれの理想的な利用の仕方
また整体技術に柔道整復師の領域が加われば、治療や施術の幅や懐はぐんと広がります。整形外科、接骨院、整体、それぞれ立場が違います。考え方も治療アプローチも違います。それぞれに協力関係が築ければ良いのですが、資格制度従事者同士の信用問題もあり、交わるのはとても難しい立場関係にあるといえます。
例えば、
捻じった、引っ張ったなどの急性疾患は接骨院へ。
程度により、或いは経過観察の為の画像診断には整形外科へ。
慢性期に移行したら、拘縮予防、骨格矯正、筋肉の緊張緩和の為に整体へ。
といったように、選ぶ側がそれぞれの特質を理解し、必要に応じて上手く使い分けられると理想的ですね。

▲ページ上部へ

楽体出張整体

代表的な症状

むち打ち 寝違え
胸郭出口症候群 四十肩
肩こり ぎっくり腰
椎間板ヘルニア 肘痛
手根間症候群 突き指
ド・ケルバン病 バネ指
ジャンパー膝 膝の痛み
ランナーズ二― シンスプリント
アキレス腱炎 外反母趾
変形性関節症 自律神経失調症

ブログ